• TOP
  • 暮らし・手続き

老齢基礎年金について

老齢基礎年金について

老齢基礎年金は、原則として保険料を納めた期間(免除期間を含む)が 25年以上の方が65歳から受ける年金です。

受給年金の繰り上げ・繰り下げ

65歳前や後でも希望の時期から年金を受けられますが、一定の率で年金額が 減額・増額され、生涯この率で年金を受けることになります。

老齢基礎年金を繰り上げ請求すると

(1)特別支給の老齢厚生年金が65歳になるまで支給停止になる。

(2)病気やケガで障害者になっても障害基礎年金を受けられない。

(3)遺族(厚生・共済)年金を受けられるようになった場合でも 65歳前はどちらかの年金を選択しなければならない

などの制限があります。

また、厚生年金保険・共済組合に加入すると全額支給停止になります。

受給要件

(1) 国民年金保険料を納めた期間(第3号被保険者期間を含む)、保険料免除期間、 任意加入できる方が加入しなかった期間(いわゆるカラ期間)、 昭和36年4月以後の厚生年金保険、共済組合などの加入期間を合計して、 25年以上の資格期間がなければ受けられませんが、昭和5年4月1日以前に生まれた方は、生年月日に応じて表のように短縮されています。

(2) 加入可能年数の40年間保険料を納めないと、満額の年金を受けることがで きませんが、昭和16年4月1日以前に生まれた方は、生年月日に応じて表のように 短縮されています。

生年月日 資格期間 加入可能年数
昭和10年4月2日~ 25年 34年
昭和11年4月2日~ 25年 35年
昭和12年4月2日~ 25年 36年
昭和13年4月2日~ 25年 37年
昭和14年4月2日~ 25年 38年
昭和15年4月2日~ 25年 39年
昭和16年4月2日以降 25年 40年

※お問い合わせは、住民課住民係(電話:0136-75-6213)まで