• TOP
  • 暮らし・手続き

遺族基礎年金について

遺族基礎年金について

遺族基礎年金は、国民年金の加入している方や老齢基礎年金の受給資格期間を 満たした方が亡くなったとき、その方に生計を維持されていた子(18歳に到達した 以後の3月31日が経過していない子、または、20歳未満の障害のある子) のいる妻、または子が受けられます。

受給要件

(1) 国民年金の被保険者

(2) 国民年金の被保険者であった方で日本国内に住んでいる60歳以上65歳未満の方

(3) 老齢基礎年金の受給権者

(4) 老齢基礎年金の受給資格期間を満たした方

※(1)(2)に該当する場合は、一定の納付要件を満たしていることが必要です。

国民年金の独自給付

第1号被保険者(任意加入被保険者を含む)には、次の独自給付があります。

(1) 付加年金 付加保険料を納めた方が、老齢基礎年金を受けるとき、納めた月に200円を 乗じた額が加算されます。

(2) 寡婦年金 老齢基礎年金を受ける資格のある夫が死亡したとき、夫が受けることのできたはずの 老齢基礎年金額の4分の3が60歳から65歳になるまでの間支給されます。

(3) 死亡一時金 保険料を3年以上納めた方が、老齢・障害基礎年金を受けずに死亡した場合、 支給されます。

※お問い合せは、住民課住民係(電話:0136-75-6213)まで