• TOP
  • 暮らし・手続き

国民年金について

国民年金について

スタートは20歳、学生も加入します。

日本国内に住所のある20歳以上60歳未満の方は必ず加入

第1号被保険者

農業、商業など自営業者 、短大、大学、専修学校生、老齢・退職年金の権利のついた方、障害年金の受給権者、前述のそれぞれの配偶者、遺族年金の受給権者

第2号被保険者

厚生年金保険や共済組合の加入者

第3号被保険者

第2号被保険者に扶養されている配偶者 (サラリーマンの奥さんなど)

任意加入できる人

・ 60歳以上65歳未満の方

・ 外国に居住している20歳以上65歳未満の日本人

・ 65歳未満の老齢・退職年金の受給者

・ 年金加入期間が不足しているため、老齢基礎年金を受給できない 昭和30年4月1日以前に生まれた次の方

*65歳以上70歳未満の方

*外国に居住している65歳以上70歳未満の日本人

*第1号および第3号被保険者に該当する方、任意加入を希望される方は 役場の窓口で加入(種別変更)の届け出が必要です。

保険料の納め方

第1号被保険者・任意加入被保険者のあなたは、便利な口座振込(自動払込)で!

 定額保険料…1カ月  15,020円(平成23年度)

 付加保険料…1カ月     400円

保険料の納め方には、銀行などの口座から自動的に引き落とされる口座振替 (自動払込)の方法と社会保険事務所からの納付書によって金融機関の窓口に持参して納付する方法があります。

*保険料が割り引きされる前納制度もあります。

*平成14年4月から国(社会保険事務所)で直接取り扱っております。

第2号被保険者・第3号被保険者

厚生年金保険や共済組合の制度から拠出金として国民年金制度へ まとめて支払われます。
従って、国民年金の保険料を自ら納める必要はありません。

保険料免除

保険料を納めることが困難な方には、所得の状況により保険料が免除される制度があります。
免除を希望される方は、役場の窓口で申請が必要です。

*保険料の免除が承認された場合は保険料を納める必要はありませんが、老齢基礎年金の受給額を計算するとき、免除期間は3分の1だけ保険料を納めた期間とされます。
免除を受けてから10年以内であれば、免除期間の全部または一部を後から納めることができます。(未納保険料は2年を過ぎると納めることはできません)

平成12年の年金法改正により「半額免除制度」が創設され、平成14年4月から導入されています。
これまで国民年金の保険料は、原則として一定所得以上の方は全額納付、一定所得以下の方は申請により全額免除(老齢基礎年金の額の計算上は3分の1と評価)されていました。
しかしながら、比較的低所得者の方で、保険料を全額納付することは困難でも、将来受け取る老齢基礎年金の額をより多く受給したいという方のため、申請により保険料の半額を免除し半額を納付する(老齢基礎年金の額の計算上は3分の2と評価)制度が創設されました。
なお、平成14年4月以降の保険料が「全額免除」となるか、「半額免除」となるかは、前年の所得に基づき一律に判定されることになりますが、一定所得を超えている場合でも、風水害等の災害の場合は全額免除と認められる場合もあります。

*保険料を未納のままにしていると、老齢・障害・遺族基礎年金が受けられなくなることもあります。(障害・遺族基礎年金を受ける場合は、2年以内に納めた場合でも該当にならないときがあります)

※お問い合せは、住民課住民係(電話:0136-75-6213)まで