• TOP
  • 行政

冬季間の水道管凍結防止について

気温が氷点下4度を下回ると水道管の凍結の恐れがあります。夜間や長期間水道を使用しない場合は必ず水落としをお願いいたします。

近年、屋外にある散水栓からの漏水事故が増えています。冬季間使用しない場合は必ず水抜栓で水落としをし、落雪などで水抜栓のレバーが動く可能性がある場合はレバーが動かないよう固定してください。

水抜栓を動かしても水が止まらなかったり、水抜栓周辺から水が流れている音がする場合は水抜栓内部の破損が考えられます。

水道が凍結すると水が出なくなるだけでなく、凍結したところが膨張し水道管の破裂などが発生し、修理に多額の費用がかかります。

〇こんなときに凍結します
水道管は、気温が-4度を下回ると凍結するといわれています。また、最高気温が0度を下回る真冬日が続いたり、旅行などで長時間水道を使用しない場合、日中でも凍結する可能性があります。
※島牧村の凍結深度(寒気が地表から伝わる可能性がある最大の深さ)は60cmとなっています。それより浅い所に給水管がある場合、又は基礎内の空中を給水管が通っている場合、保温筒などの凍結しないための処置が必要です。

〇凍結してしまったら
蛇口や給水管にタオルを巻きつけ、その上からぬるま湯をゆっくりとかけると水が出るようになります。その際には破裂などの事故を起こす可能性がありますので、熱湯を蛇口などに直接かけたりカスバーナーなどの直火を当てたりしないで下さい。
それでも水が出ないときは、工事業者へ修理を依頼してください。
なお、配水管より分岐した宅内給水管(水道メーターを除く)は個人の財産ですので、村では原則として修理はしていません。


◎修理についてのお願い
宅内給水管(水道メーターを除く)は個人の財産になります。水道管が凍結した場合や水抜栓が破損している時などの水回りの修理については、直接工事事業者へ連絡願います。



島牧村施設課水道係
電話:0136-75-6272