弾道ミサイル落下時の行動と情報伝達について

この度、消防庁国民保護運用室より北朝鮮による弾道ミサイルについて、落下する可能性がある場合に国民がとるべき行動について、下記リンク先資料のとおり通知がありましたのでお知らせいたします。
 なお、弾道ミサイルが発射された場合で、日本に飛来する可能性があるときは、全国瞬時警報システム(Jアラート)を活用し、全国民に情報伝達するほか緊急速報メール等でもお知らせします。

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動と情報伝達について


  総務課防災対策室
  TEL 0136-75-6265