• TOP
  • 子育て・福祉

介護保険制度の概要

介護保険制度の概要

申請からサービス開始までの流れは?

みなさんの加入している医療保険では、保険証を持参すれば、いつでも保険での治療を受けられます。

病気やけがというのは、医学的な対処の必要性や量の判定が確立していて、「治癒」した時点で給付は終了します。

ところが介護については、サービスが多ければ多いほどよいと考えられ、その量に限度がありません。

そこで誰にどのくらいの介護が必要なのか、個々に判定を受けていただかなければなりません。

これを「要介護認定」といいます。

まず介護の必要性を判定してもらうことから、介護保険の利用手続きが始まるのです。

加入者が介護サービスを受けようとするときには、まず区市町村の窓口に介護保険証を添えて「要介護認定」を受けるための申請を行います。

(介護保険証が未交付の場合は、認定申請を行ったあと、要介護認定と共に保険証が交付されます。)

申請は本人や家族が役所で行うだけでなく、身近な地域包括支援センターや、居宅介護支援事業所等の機関に代行してもらうこともできます。

区市町村では、申請家庭に専門的知識のある職員を派遣して、本人の状態を調査します。

その結果、介護が必要か、どの程度必要かを全国共通の基準で認定します。

認定は一定期間ごとに繰り返していきます。

要介護者のいる家庭

1.申請書の提出

本人又は家族が、介護を必要としていることを認定してもらうために、区市町村の窓口に介護保険証を添えて申請書を提出します。

2.訪問調査

専門の調査員が家庭を訪問して、本人の心身の状態や日常生活の自立度などを調査票に記入していきます。

3.かかりつけ医の意見書

主治の医師(かかりつけ医)がいる場合には、その意見を求めます。

かかりつけ医がない場合には区市町村の指定医の診断を受けていただくことになります。

4.審査判定

保健・医療・福祉の専門家で構成される「介護認定審査会」で、訪問調査結果とかかりつけ医の意見書をもとに、介護が必要かどうか、どの程度必要かを総合的に審査・判定します。

5.認定結果の通知

区市町村は判定結果に基づいて要介護の認定を行い、介護保険証に記入して本人に通知します。

6.介護サービス計画作成依頼

介護が必要と認定された場合は、介護サービス計画(ケアプラン)の作成を依頼することになります。

7.介護サービス計画決定

どの種類のサービスを、誰から、どのようなスケジュールで利用するのがよいか、本人や家族の事情も組み込んで作成します。

8.サービス開始

計画に基づいたサービスを受けます。

介護保険サービス
サービス名称 略称 申し込み先 電話番号
通所介護 デイサービス 島牧村役場福祉課 75-6001
訪問介護 ホームヘルプサービス 島牧村役場福祉課
介護予防・生活支援サービス
サービス名称 略称 申し込み先 電話番号
生きがい活動支援通所事業 生きがいデイサービス 島牧村社会福祉協議会 75-6500
生活管理指導員派遣事業 生きがいヘルパー 島牧村社会福祉協議会
声かけサービス事業   島牧村社会福祉協議会
外出支援サービス事業   島牧村社会福祉協議会
配食サービス事業   島牧村社会福祉協議会
高齢者短期宿泊事業 生きがいショートステイ 島牧村社会福祉協議会