• TOP
  • 子育て・福祉

障害児福祉手当(精神・身体に重度の障がいがある20歳未満児童)

障害児福祉手当について

精神または身体に重度の障がいを有するため、日常生活において常時の介護を必要とする在宅の児童(20歳未満)に支給されるものです。
重度の障がいとは、視力では両眼の視力の和が0.02以下、聴力は補聴器を用いても音声を識別することができない程度のものなど、最重度障がいとされるものです。詳細は、下記の障害程度認定区分をご覧ください。

特別児童扶養手当は父母または養育者に受給資格があるのに対し、障害児福祉手当は児童本人への支給となります。

障害程度認定基準

視力障がい   両眼の視力の和が0.02以下の者など

聴力障がい   両耳の聴力が補聴器を用いても音声を識別することができない程度の者

肢体不自由   両上肢の機能に著しい障がいを有する者
        両上肢のすべての指を欠く者
        両下肢の用を全く廃した者
        両太腿を2分の1以上失った者など
        体幹の障がいに座っていることができない程度の障がいを有する者など

その他     上記のほか、内部障がい、精神の障がいであって上記と同程度以上の場合など
        内部障がい…心臓、肝臓等の臓器、呼吸器、血液疾患等

支給額

一律 月額14,790円

(平成31年4月1日に改定されました)

支給月

2月(11~1月分)5月(2~4月分)8月(5~7月分)11月(8~10月分)

所得制限限度額

本人か配偶者及び扶養義務者の前年の所得が以下の金額を超えている場合は、手当は支給されません。

扶養親族数    本人     配偶者及び扶養義務者
  0人   3,604,000円     6,287,000円
  1人   3,984,000円     6,536,000円
  2人   4,364,000円     6,749,000円
  3人   4,744,000円     6,962,000円
  4人   5,124,000円     7,175,000円
  5人   5,504,000円     7,388,000円

※本人というのは児童本人のことで、児童を養育する方(父母等)は扶養義務者にあたります。

手当を受給されている方

所得状況届

毎年8月~9月頃に所得状況届を提出していただきます。
このときの記入の注意点は、特別児童扶養手当と違い、受給資格者が児童本人であるということです。
扶養義務者には、児童のお父さんやお母さんなど、同居する親族の中で所得の高い方の名前を書いてください。
この届をうけて、村が所得の調査をし、後志総合振興局で審査をします。

変更申請等

・島牧村から転出するとき
・村内で引越しを行い、住所が変わったとき
・マイナンバー(個人番号)が変わったとき

上記の場合は、変更申請が必要になりますので、島牧村役場福祉課福祉係(0136-75-6001)までご連絡いただくか、総合福祉医療センター窓口までお越しください。




島牧村役場福祉課福祉係
島牧村字泊29番地1 島牧村総合福祉医療センター内
電話0136-75-6001 FAX0136-79-2002

(審査等に関するお問い合わせ先)
後志総合振興局社会福祉課地域福祉係
倶知安町北1条東2丁目
電話0136-23-1938