火災予防

火災予防

たばこ

  • 灰皿にはいつも水を入れておく
  • 吸殻はこまめに捨てる
  • 寝タバコは絶対にしない
  • 灰皿を置いたままにしない

たばこの火は800℃もの高温です。たばこの火は消したつもりでも、完全に消えていないことがあります。

石油ストーブ

  • ストーブの近くに紙・衣類など燃えやすいものを置かない
  • ストーブの上方に洗濯物を干さない
  • カートリッジ式のものは、給油後タンクのふたを確実に締め、漏れの無いことを確認すること
  • ストーブは対人自動消化装置付のものを利用する
  • 就寝時、外出時には必ず完全に消火していることを確認する
  • 取扱説明書をよく読んで正しい使用方法で使用すること
  • 石油ストーブは確実に火が消えてから給油する
  • ストーブのまわりにスプレー缶を置かない
  • シーズン前に点検整備を行う
  • 灯油であることを確かめてから給油する

ガスコンロ

  • コンロのそばを離れるときは必ず火を消す
  • コンロのまわりに燃えやすいものを置かない
  • 古くなったガスのゴム管は取り換える
  • コンロに衣服を近づけない
  • コンロは壁から離して置く
  • 天ぷら油の加熱に注意をする

台所での火災原因のトップがコンロからの出火です。
天ぷら油火災が多く発生しておりますので注意が必要です。
天ぷら鍋に火が移ったら、落ち着いて、鍋にふたをしてください。
水は決してかけないこと。

コンセント

  • たこ足配線をしない
  • ときどきプラグを確認して清掃する
  • 電気コードをカーペットや家具の下敷きにしない
  • 古くなった電気コードは取り換える
  • コードを引っぱって抜かない
  • アイロンやドライヤーは使用後、プラグを抜く

ガソリン・灯油

性質

  • ガソリンは低い温度でも可燃性の蒸気を発生し、マッチやライターの小さな火でも簡単に引火する
  • 灯油も一定の温度以上に過熱されるとガソリンと同様の危険性がある
  • ガソリンなどから発生する可燃性の蒸気は空気より重く、床面や低いところに滞留し、溝などに流れていく。そのため、思わぬところの火気により引火して火災を引き起こすことがある。
  • ガソリンなどは水に溶けず、水より軽いため水に浮いて広がる。そのため、水による消火は火を広げるのみで、かえって消火を困難にする場合がある。

保管方法

  • 火気の近くで取り扱わない
  • 石油ストーブなどに灯油を補給する場合には、ストーブの火を必ず消し、給油中はその場を離れないこと
  • 灯油とガソリンを間違わないようにする ・ガソリン:オレンジ系色・灯油:無色透明(ガソリン・灯油はそれぞれ特有のにおいがある。)
  • 必要以上に買いだめをしないこと
  • 灯油の容器は専用の認定品を使用し、必ず栓を締めて密閉する
  • 保管場所は直射日光を避けた冷暗場所とする
  • 地震などにより容器が転倒し、落下物により容器が破損しないようにする

放火

  • ごみは収集日の朝にまとめて指定場所に出す
  • 物置・車庫などには必ず鍵をかけ、外出時・就寝時にはもう一度確認する
  • 家の周りに燃えやすいものを置かない

放火場所は、建物内部、路上のゴミ、屋外駐車場に止めておいた車両などから発生しています。