災害予防

災害予防

災害にそなえて

  • 大きく、重量のあるものは低い場所へ移動させる
  • 壊れやすいもの(食器類・ガラス製品など)は扉を閉めた食器棚になどに収納する
  • 写真や絵、鏡など壁にかける重いものは、ベッドやソファーなど人が座る場所から遠ざける
  • 火災予防のため、ガスの元栓や電気の配線の修理をしておく
  • 各部屋ごとに安全な場所を見つける※ガラスが飛び散るような場所(窓、鏡などの周辺)、本棚や重い家具の周辺は避ける。※頑丈で重い机やテーブルの下、間仕切りの壁に遠い場所が適当
  • 子ども達、お年寄りに119・110番通報の仕方を教えておく。また緊急情報を聞くためのラジオ局の周波数や災害防災対策本部への連絡方法も教えておく
  • 非常時持出品として次のものを用意しておく※懐中電灯(電池付)、携帯型ラジオ(電池付)、救急箱(服用説明書付)、非常食・飲料水(約3日分)手動式缶切り、常用薬、現金・クレジットカード、災害保険証書、カメラ(災害状況の記録用)、丈夫な靴、毛布、衣類
  • 清潔な浴槽、ボトルなどに飲料用水の確保(台風など災害発生時期がある程度予測可能な場合)
  • 家から避難場所までの行き方の確認をしておく
  • ガス・水道などの元栓の締め方を把握しておく
  • 災害保険の内容確認
  • ドア、まど、シャッターはしっかりと閉める(台風の場合)
  • 戸外にある植木蜂などを家の中に持ちこんでおく(台風の場合)
  • ボート、舟を所有している場合はロープなどでしっかりと固定させておく(台風の場合)
  • ペットがいる場合、約3日のペットフード(乾物)、飲料水をそなえたペット用の檻を家の中に用意する※(ペットは衛生上・場所の問題で避難所への連れ込みが禁止されることがある)

災害に遭ったら

屋内で

  • ガス、電気水道の元栓をしっかりと締める
  • ラジオ・テレビにより放送される災害情報を視聴する
  • 避難勧告が出たら落ち着いて、迅速に避難所へ向かう
  • 頑丈な机などの家具の下に入る

戸外で

  • その場にいると、物が落下してくる恐れがあるので、揺れている間は建物から出ない
  • 建物、樹木、電柱、電線から遠ざかり、広い場所に移動する
  • 避難勧告が出たら落ち着いて、迅速に避難所に向かう
  • 浸水した道路や決壊のおそれのある橋は通行しない

乗車中

  • 道路の左端に停車し、車中にじっとしている
  • できれば建物、樹木、歩道橋などの高架、電線などから離れた場所へ移動すること
  • 揺れがおさまったら、橋や街灯に注意しながら運転する
  • 浸水した道路や決壊のおそれのある橋は通行しない
  • 避難勧告が出ている場合は車を置いて、歩いて最寄の避難場所へ向かう。その際、車は施錠せず、鍵は車中に差し込んだままにしておく

ペット

  • 地震などの発生後にはペットの態度が急変することがある。普段はおとなしく、愛嬌のある犬や猫でも地震の後は気が荒くなっている場合があるので、ペットは檻に入れるか、ひもで繋ぐ。

災害発生後

  • 家の中が浸水していた場合は戸を開放し、乾燥させる。
  • ガスの元栓を確認し、ガスのにおいや音などがしている場合には戸を開放し、迅速に戸外へ避難する。
  • 戸外にあるメインバルブを閉め、ガス会社へ連絡する。
  • 電力機器へのダメージを点検。火花が出ていたり、損傷している電線を見つけたり、その他異常を感じた場合には、メインボックスかブレーカーにて電源を切り、その後電力会社に連絡する。
  • 上下水道へのダメージを点検、下水道へのダメージが懸念される場合にはトイレの使用を避け、業者へ連絡する。上水道へのダメージが懸念される場合には、水道水は飲まないこと。
  • 火災保険を家屋にかけている場合は、保険金の請求に備え、家屋の中及び被害状況を写真撮影しておくこと。
  • 適当な場所で応急手当を施すこと。重傷者は、更なる怪我を招くような差し迫った危険がない限り、動かさず応援を呼ぶこと。
  • 携帯ラジオやテレビにより、最新の緊急情報を入手すること。
  • 被害を受けている建物には近づかないこと。
  • 緊急時以外には電話の使用を控えること。
  • こぼれた薬品やガソリン等の引火性の液体は、すぐに拭き取るなどして片付けること。ほかの薬品からガソリン臭がある場合にはすぐその場を離れること。
  • 戸棚や食器棚等の扉を開ける場合には十分注意すること。
  • 煙突が被害を受けていないか確認のため、煙突全体の長さを見ること。 (被害に気づかずに煙突を利用した場合、火災を発生させる危険がある)